藤沢駅2分、大和駅3分の子ども英会話。


Home >> コラム >> 発音の問題(1)

Kid5

発音は筋肉の問題

仕事柄、今まで様々な英語を話せる方々とお会いしてきましたが、一般的に言える事としては
「発音が良い人は、英会話力に関わらず、幼少期に外国で過ごした方がほとんど」
と言う事です。
もちろん子どもの時に外国に住んでいたからと言って、英語ぺらぺらと言うわけではありません。すっかり忘れてしまった、と言う人もいます。しかし、そんな人でも発音はきれいなのです。

いったい何故だろう?と考えました。
もちろん、大人になってから英会話を始められた方でもきれいな発音の人はいます。しかし、ほとんどは、ぺらぺらのレベルで話す人でも、やはり日本語訛りが感じられます。年配の方はほとんどそうです。

**

これは、「筋肉」の問題であると思われます。私たちの口の周りの筋肉です。
僕たちは日本語を話しながら暮らしているので、自然と口の周りの筋肉は日本語のそれになっています。その口で英語を話そうとしても、ちゃんと発音できる訳がありません。

筋肉がもっとも発達するのは、当然の事ながら発育段階です。その時に「英会話筋肉」を付けなければ、後になっては難しいわけです。
みなさんご存知のように、日本語はほとんど口だけで話をしますが、英語は舌、唇などを多用します。それら部分部分の筋肉が成長段階で作られ、自然な英語の発音ができる口を作り上げるのです。
これは子どもの頃に行われれば、自然と身に付くものなのです。